痩身エステに通う時の注意点

痩身エステの効果をより引き出す為に注意すべきポイント
<エステ前>
・エステでの施術は前日に施術する箇所をシェービング・角質ケア(ピーリング)など、肌の負担になる事は出来るだけ避ける。
・過度の飲酒を避ける。
効果が出にくくなるばかりか、危険も伴います。浮腫みが出たり、施術中より痛みが感じやすくなってしまいます。
・水分補給をしっかりしておく。
エステ後の代謝・老廃物の排出などを補助するためにも、ジュースやお茶、コーヒーではなく水をよく飲んで、前日のエステに備えておきましょう。
・味が濃いもの、しょっぱいものを控える。
塩加減が多いものを摂り過ぎるのは、浮腫みの原因になり、さらに効果が出にくいので、控えめにしましょう。
・岩盤浴やゲルマニウム温浴で体を温める。
施術前に岩盤浴やゲルマニウム温浴で体をよく温めてから施術を行うと、より体の脂肪やセルライトなどがほぐれやすくなり、痩身効果がアップします。

<エステ中>
・エステ中は絶対に寝ないこと。
人は起きている状態の時、交感神経が働き、消費や代謝が良くなります。なので、痩身マシンエステの場合、起きている状態の方がしっかりと効果が出やすいです。
・当日、生理中の施術は控えること。
生理中は腹部以外の部位なら、施術可のサロンもあります。しかし、生理中は痛みも感じやすかったり肌が敏感になったりしているので、出来ればその期間は施術を控えたほうが適切です。EMSの場合は禁止です。
・当日、薬の服用は避ける。
薬に含まれている成分の関係もあり、それにより危険が伴う事がありますので、薬を服用している場合は必ず申し出ましょう。場合によっては、当日の施術が禁止になることがあります。
・ピル服用の場合、効果が通常より表れにくい
ピルの服用により、体全体のリンパの流れが悪くなる傾向にあるので、施術によって出た老廃物の排出が滞りがちになります。それにより、痩身効果が表れにくくなることがあります。
・妊娠中、もしくは妊娠の可能性のある方は施術不可。
妊娠中の施術は危険が伴います。胎児に影響が出ますので、必ず申し出るか、妊娠期間中の施術は避けるようにしましょう。

<エステ後>
・セル分解などの施術後2時間以内は食事を避ける。
施術後、体が摂取したものをより吸収しやすくなっている状態なので、施術後当日は炭水課物、間食(お菓子)、酒、カロリーの高いもの等は極力控えましょう。
・水分を多めに摂る。
施術後は体の巡りがよくなっているので、老廃物の排出を促すためにも、水分を沢山とりましょう。
・ウォーキングなど有酸素運動を取り入れる。
施術後の当日に有酸素運動を行う事で代謝が上がるので、より痩身効果が期待できます。

以上の事をきちんと頭に入れておけば、エステの施術の効果を最大限に発揮させる事ができます。意識して実践しましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ